この連休はほぼ引き籠り。
行こうと思っていたのや行こうかなと思っていたのがいっぱい中止になって。
お知らせがこことかこことかこことかこことかこことかとかに。内容重複もあるけど。
家から出たのは買い物とこれだけ、かな。

そういえば、山梨のホテルはHPでもTwitterでも何も表示がないんだな。中央本線も中央道も甲州街道も使えない状態だったみたいなんだけど。

しばらく前に富士そばタピオカ丼が話題になっていて、興味はあるんだけど店舗・数量限定とのことで何となく見送っていて。
フと、そういえばタピオカ自体は販売しているよね、と自分で作ってみることにした。
粒が大きい方が人気があるようで店舗によっては数量制限がかかっていたけど、イクラっぽいサイズならミニサイズでいいよね、茹でたら体積増えるから小さいパッケージがいいな、と探してみた。

ざっと探した感じでは画像の100g入が手頃そうだったので購入。(同じサイズで400g入のが他店舗で100円くらいしか違わなかったけど、使い切れなさそうで手が出なかった)

右の白いのが茹でる前、左は醤油漬けにしたので着色してる。
商品の袋にある通り10分茹でてそのまま10分ふやかしたものを、醤油を料理酒で4倍くらいに薄めて好みの香辛料(というか、辛いのが好きなので粒胡椒や輪切りの唐辛子)を入れてアルコール分が飛ぶように一煮立ちさせたものに投入、冷めたら冷蔵庫へ。
規定通りにふやかしているのに更に水分を含むので、タピオカの量が液面の高さの1/3以上あると翌朝には全部吸われた状態になっていたり。
ふやけきっているからモチモチ感はなくて、味は漬け汁とほぼ同じで、見た目がイクラっぽい感じのものがが出来上がった。
茹でて漬けると量が増えるから、そこは注意が必要かも。

夕べ出かけたら、スケジュールに名前があったのに当日の出演者にはいなくて。出演者ブログにも何も情報が出てなくて。
帰宅してから今日行こうと思ったお店ブログをみたら中止の表示が。今朝になったら出演者ブログにもお知らせが。
残念。

木曜日の夕飯


メニューの最後のページにこんな文字が。

前回行った時に気がついて、その時は帰ってから探せばいいかと思っんだけど上手くヒットしなくて。
お店の人に言ったら「荻窪、といち」で検索すれば出てくるということだったけど。
でも検索結果って過去の検索がcookieに残っててそこに影響されている部分もあるから家で探して出てこなかったのはそのせいなのかな。

そういえば、最近、ドアの鍵穴が調子悪くなったことがあって。

その前から鍵穴に差し込めるし左右に回るけど抜きにくい、という症状があったから、気が向いたときには鉛筆で鍵の溝をこすってから使うようにしてはいたんだけど。

風雨がすごくてドアを直撃するように降った翌日から、抜きにくいがなかなか抜けないになって。

普通の防錆潤滑剤を鍵穴に使うと逆効果というのはどこかで耳にして知っていたので、何か対処法がないか検索してみたら。

鍵穴用の潤滑スプレーというのがあって、でも結構いい値段だったような。

鍵穴には鍵に付着したゴミが溜まっていくから、それを除去するために掃除機で吸うとかエアダスターを使用するというのもあって。

丁度手元にエアダスターがあったので、試しにノズルを鍵穴に突っ込んで念入りにスプレーしてみたら、見えるようなゴミは出てこなかったけど、鍵の抜き差しが今までのはなんだったんだろうと思うくらい抵抗が無くなって。

見えない部分もたまには掃除しないといけないみたいだな。

来月からのスケジュールがまだ出ない。

今月の初めに行ったときに聞いたら、来週末くらいに出しますって返事だったのに。
ライブ目当ての客はみんな日帰り前提なのかな。

昨日出かけた時、時間調整に三鷹で途中下車して、軽く何か食べようかなと北口に出たら、ステーキ屋松という店が目に留まった。
この場所は以前松屋のすし屋があった場所じゃなかったっけ。
時間が中途半端だったこともあってか空いていたので、店外の券売機で食券購入。Suicaの他にクレカやなんとかPayも利用できるようで。

200g1000円のを頼んだら、油はね防止と思われる紙がつまようじで留められた状態で到着。外すと溶岩プレートに両面だけ焼いたブロック肉が。
塩味がついていたので何か足す前に食べ終わってしまった。
値段を考えると結構いい肉なのは仕入れる量が多いから可能なのかなと思ったり。
駅に戻って電車を待っていたら、隣のホームにこんな車両が。

時々みかける中央線開業130周年記念車両なんだけど、正面だけ現行車両と同じだからなんとなく違和感が。

目的地の駅に降りたら、スカイツリーが霞んで見えていた。

今年も去年と同じ場所で見つけた

先週は見つけられなかったから、去年よりも遅いかな
そういえば、今年の土筆って最初に見たのは去年よりも早かったけど、後続が出たのは結構経ってからだったような